ABOUT  REI  TAKAGI

私のこと。

 

 私の前半生は幼少期のトラウマを乗り越えるためにありました。

10代、20代はトラウマから逃げ続け、記憶を隠蔽し、恋愛や仕事に夢中になることで心の穴を埋めようとしていました。30代に入り、離婚を経験したことがきっかけで、ようやく自分と向き合う覚悟ができ、それからは、自分と向き合い続ける日々を送ります。

  そうしている内に身体に症状が出始めました。スベリ症、強直性脊椎炎、ぶどう膜炎という診断を受け、しばらく病院に通い、薬を飲み続けていましたが、その頃はもうすでに代替医療の存在を知っていたので、病院に通い続けることに躊躇していました。そんな時に読んでいたトラウマ解放系の本に心の傷が身体症状に現れることがあるという一節があり、これだ!と確信した私は、病気を自分自身で治すことに決めました。その時、私の背骨に一本の柱のようなエネルギーが通るのを感じて、その後、誰になんと言われようとも、この私の決意は揺らぐことはありませんでした。薬を飲むのをやめて、病院通いもやめました。そして、私はただひたすら自分と向き合い続けました。自分の思考回路をひとつひとつ手に取るように分析し続け、どうしてそう考えるのか、なんでこんな感情を抱くのか、どこに原因があるのか、ということを丁寧に紐解く日々でした。自分と向き合い、トラウマを乗り越えることこそが病気を治すことなのだと信じて疑いませんでした。 


 その頃の最も深刻な症状は強直性脊椎炎の症状で、一度、身体に症状が現れ始めると3ヶ月は寝たきりの生活になっていました。骨盤から脚にかけて重い神経痛が現れ、その痛みで歩けなくなり、トイレと食事の時だけ松葉杖を使って移動して、それ以外は寝たきりでした。起きあがるのに10分以上はかかり、朝はトイレに行くのが間に合わないので尿瓶を使っていました。何をしていなくても痛く、動くと痛みが増し、時々雷の様な激越な痛みが走り抜けます。呼吸ができなくなるほどの痛みでした。病院に通って薬を飲んでも症状は変わらず、むしろ薬の副作用からか爪に穴が開いたり、ムーンフェイスになったりしました。

 

 心と身体はつながっている。このことを意識し始め、自分自身と向き合い続けることで、症状は少しずつ軽くなり始めます。

  寝たきり生活3ヶ月から1ヶ月、2週間とみるみる内に回復する期間が早くなり、痛みも軽減していきました。身体の症状が軽くなると、今度はパニック障害の様な症状が現れ始めました。病院には行かなかったため、診断はされていませんが、症状がパニック障害に似ていました。電車やバスに乗れない。外食もできない。車でも遠出できない。映画館やコンサートに行けない。人ゴミが怖い。不安が押し寄せてきて自分が狂ってしまうんじゃないかという恐怖苛まれました。何から逃げるのかはわからないのに、いつも逃げ場を探していました。

 

  そんな時、私が思いついた解決策が自然とつながることでした。近所の公園に行き、裸足になって芝生の上に立ち、手を広げて風を受け止めます。目をつむるとセミの声が波の様に押し寄せて、木々のざわめきや車の音、世界の音が聞こえてきます。ああ、みんな生きているんだと思いました。そして、私も生きていると。

  一夏、公園通いを続けることで症状は落ち着いていきました。そして、エドワードバッチ先生のフラワーレメディーを知ったことで更に改善していきました。これで、このままよくなっていくのかなと思いはじめた頃、また痛みが出始めました。強直性脊椎炎の症状です。その時はもう、これ以上自分が何をしたらいいのか、わかりませんでした。そんな時に田中信二先生のことを知りました。内海聡先生がFBで信二先生を紹介していたことがきっかけでした。それがキネシオロジーとの出会いでもあります。だけど、私はその頃、信二先生に直接コンタクトを取る勇気など持ち合わせておらず、色々と探してみた結果、横浜の石川町にサロンを構える澤さんに人生初めてのセッションをお願いしました。このセッションで私は人生の転機を迎えます。私の身体がアロマを調整方法のひとつとして選んだのです。アロマにはメッセージが添えられてありました。そのメッセージは、「痛みを経験したのは、同じ痛みを抱えている人を理解するため」というようなことが書かれていました。その時、私はこれから、痛みを抱えている人たちをサポートする側にまわるのだ、と確信しました。

 

 それから、2年後の2016年12月、私は田中信二先生の伊豆合宿に参加しました。人生の大きな分かれ目でした。信二先生には何回も何回も解放に導いていただきました。本当に色々なことを学ばさせていただきました。私が8カ月という短期間でサロンをオープンできたのも、信二先生のおかげです。そして、私自身が決断をしていたからでもあります。逃げないこと、次に進むということ。そして、一人で自分自身と向き合い続けた10年間という期間も私自身を強くさせていました。

 

 決断することは何よりも大きな力を自分に与えることができます。そして、それは自分自身にしかできないことです。自分の可能性をあきらめない。望めばそこに行ける機能を持っているのが人間です。キネシオロジーは私にそれを教えてくれました。

 その後、様々な出会いを通して学んでいく内に、この世界の仕組みやエネルギーの法則を知りました。そして、自分自身が何者なのかということも。知るべきことは、絶妙なタイミングでやってきます。知ることで、自分をアップデートしていくことができます。いつでも新しい自分に出会える、それが最近の楽しみです。

SPECIAL  THANKS

とってもお世話になった方々

田中信二先生

http://ameblo.jp/mindupdate

信二先生からはたくさんのことを学びました。とても感謝しています。Youtubeで動画がたくさん出ているので、信二先生に会ったことのない人に「ちゃらい、怖い、決めつけられそう、うさんくさい」ふうに見えるけど、実際どうなのか、とよく聞かれました。動画だけだと誤解されやすいようです。実際会ってみると、少年のようではありますが、ちゃらくはないと思います。怖い時もありますが、それだけ真剣だということです。決めつけられたら、それは違うと言えばいいんです。信二先生のクラスは楽しく、真剣で本質に根ざしていて、実践的です。そして、デモセッションの素晴らしさには舌を巻きます。私も含めて、たくさんの人の変容を目撃してきました。覚悟や勇気は必要ですが、それ以上のリターンが返ってきます。本来の輝きを取り戻した人の美しさを知ったのも、信二先生のセッションを通してでした。


岩崎和子先生

http://kinesiology-rever.com

澤さんからいつもおすすめされていた岩崎先生。難波の筋肉マスターです。東京での勉強会でお会いした後、わざわざ大阪までタッチフォーヘルスの再受講に行きました。それぐらい魅力的な方です。岩崎先生のクラスは楽しく、わかりやすく、すぐに使える、実践的です。そして、常にからだに聞くという一貫した姿勢があります。実践的なところが信二先生と似ているなあと思いました。クライアントに向けるまなざしもなんだか似てるんですよね。だからなのか、親近感と共に安心して学ぶことができました。そして、なんといっても、岩崎先生の慈愛に満ちた在り方が私は大好きなんです。同じ空間にいるだけであたたかさを感じます。

キネシオロジー38 澤ひろゆきさん

http://38therapy.com

澤さんには人生の転機となる大きなきっかけをいただきました。初めてのセッションでセラピストになるきっかけをいただきましたし、フェイシャルハーモニーに出会えたのも、岩崎先生に出会えたのも澤さんのおかげです。思えばフェイシャルハーモニーのセッションを初めて受けたのも澤さんからでした。フェイシャルハーモニーをする時に感じる澤さんのエネルギーはちょっと特別です。脳?に到達するのがものすごく速くて、すぐに、意識がなくなり、とても気持ちが良いです。そして、澤さんの飾らない自然体の在り方が一緒にいると、とても心地よくて、自分の在り方を振り返るきっかけにもなりました。タッチフォーヘルスの再受講も受けましたが、丁寧でわかりやすく、安心して学びを深めることができました。澤さんみたいな大先輩がいてくれることが心強く、しあわせです。

麓容子さん

http://ameblo.jp/tonton-48936

フェイシャルハーモニーバランシングのトレーナーの容子さん。プラクティショナーになるために、4日間のクラスに参加しました。クラスで初めて会った容子さんはびっくりするくらい飾り気がなく、素のまんまな感じでした。その在り方に衝撃を受けた私は、気が付くと自分の心のガードまで自動的に外れていました。素直な自分が出現して、強がって、がんばっていた私を見つけることができました。容子さんを見ているだけで、少し、話すだけで、自分がするするとほどけていきます。力が抜けて、そのまんまの私が顔を出します。その感覚が新鮮でした。容子さんは人を素直にさせる天才なんじゃないかと、最近はそう思っています。

PROFILE

高木 麗(たかぎ れい)
 

・IKC 国際キネシオロジー大学 公認インストラクター

 タッチフォーヘルスレベル1~4

​・フェイシャルハーモニーバランシング プラクティショナー


1973年12月20日生まれ 東京都出身

幼少期は東北、スペインなどを転々とし12歳から神奈川県に落ち着く。

カトリック小・中・高を卒業し、写真専門学校へ。

卒業後、フリーターを経てデザイン会社に就職。

グラフィックデザイナー、アートディレクターのキャリアは20年余り。

​2016年12月、田中信二先生が主催する伊豆合宿に参加

       BU2級オンサセラピスト資格取得
 

2017年6月、IKC国際キネシオロジー大学公認

       タッチフォーヘルスインストラクター資格取得

 

2017年7月、フェイシャルハーモニーバランシング

       プラクティショナー資格取得

 

2017年8月、田園都市線あざみの駅にヒーリングサロン

      「心とからだの調整室 urara tuning」をオープン

​2019年6月、田園都市線青葉台駅へサロンを移転

urara tuning

​心とからだの調整室

urara tuning

〒227-0062 神奈川県横浜市青葉区青葉台2丁目10−11 水交ビル1F

urara8tuning@gmail.com

© 2023 by CASA 3. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now