検索
  • 髙木 麗

2018年を振り返るVol.2~無償の愛~


11月20日、私は先輩のキネシオロジストからセッションを受けることにしました。

セッションをお願いしたのはキネシオロジー38の澤さん。

澤さんは私が難病を患っていた頃に人生初のセッションをお願いした方です。

澤さんのセッションがきっかけでセラピストの道に進むことになりました。

私の恩人であり、大好きな先輩です。

澤さんは安定感のある人でとにかく信頼できる人です。

考え方にあまり偏りがなく、良い悪いに捕らわれていないので、

とても話しやすいのです。


セッションでは今、私が抱えている気持ちやテーマなどを話していきました。

その中から私の身体の状態に関係があることをキネシオロジーの筋反射でみていきます。

すると、無償の愛という言葉に反応するのです。

無償の愛

その時の私の状態そのものが無償の愛を経験することができる状態でした。

私はオムツの交換から食事まで生活の全ての面倒をみてもらっていました。

何もかもを与えられている状況です。

親からの無償の愛で育まれる赤ちゃん時代を追体験しているようなものでした。

それがわかった時、全ての疑問が氷解しました。


痛くてどうしようもなくて、自分を攻めてみたり、

あれこれ原因を探してみたりしていましたが、

なんだ、私は無償の愛を体験したかったのか、と。

そして、それを体験できる世界はなんて素晴らしいんだろう、と。

はじめて宇宙に感謝できる私がいました。


私は両親から無償の愛を受け取れずに育ったと思い込んでいるところがあったのです。

実際はそんなことはないと今では思っています。

だから、無償の愛を体験したかったのでしょうね。

与えらてはじめて人に与えることができるんだろうと思いました。

今、私がどれだけ幸せなのか、どれほどのサポートを受けているのか、

宇宙からの愛を注がれているのかを実感していました。

緊張が一気に溶けて、心も身体も楽になりました。

そして、この日を境に身体の状態も回復へと向かっていきました。


59回の閲覧
urara tuning

​心とからだの調整室

urara tuning

〒227-0062 神奈川県横浜市青葉区青葉台2丁目10−11 水交ビル1F

urara8tuning@gmail.com

© 2023 by CASA 3. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now