検索
  • 髙木 麗

ついに、



ついにこの日が来た。

待ち望んでいた寛解の日。

それはいつ来るのか、いつまでも来ないのか、

先の見えない日々が、今日終わりました。

数日前に「私、治ったんだ。」という言葉が心の中に浮びました。

それを口にもしてみました。

身体に痛みはまだあるけれど、

自分のエネルギーが変わったように感じていました。


今日はとてもいい天気で、庭に陽が差し、

庭木の葉が光に反射して、キラキラと輝いています。

久しぶりに庭に出てみました。

そして、本を読み、瞑想し、グラウンディングをすると、

私の中からエネルギーが溢れてきました。

喜びと共に光が私の中で瞬いています。

ああ、この日が来たんだ。

やっと来たんだと心から安堵しています。

感動的で感無量です。


昨年10月から約半年間、

療養生活を送ってきました。

一言では言えないくらい、

色んなものごとが凝縮された日々でした。

身体のあらゆる痛みを体験しましたが、

全ては内的なものが身体に現れているという信念から

自分と向き合うことを選択し、日々そのように過ごしてきました。

(向き合うことに疲れて現実逃避をしたり、

あまりに痛みが激しい時はやり過ごすので精一杯でしたけどね。)


幸いにも「神との対話」という素晴らしい本に出会い、

私は私の真実を見つけた思いでいます。

自分の思いひとつ、

言葉ひとつ、

行動とその動機、

小さな積み重ねのひとつひとつの中に

自分が何を選択しているのか、

どんな世界をつくろうとしているのか、

ということに最近は着目しています。


半年前の私は、今の私から見ると別人のようです。

私は自分が何をしようとしているのか、ということを

まるでわかっていませんでした。

人に認めてもらいたくて、

自分の本音を抑圧していることに気づいていなかったんです。

自分の現在地を見失っていました。

人との関わりの中で、

痛みの中で、

本の中で、

見える風景の中で、

あらゆる出来事の中で、

気づきを得て、今日に結びつけることができました。


この間、私を支えてくれた元旦那さんをはじめ、

素晴らしい友人達、

慰めと勇気をくれた数々のメッセージ、

私をサポートしてくれている全ての存在に、

心からの愛と感謝を捧げます。

どうもありがとうございました。


203回の閲覧
urara tuning

​心とからだの調整室

urara tuning

〒227-0062 神奈川県横浜市青葉区青葉台2丁目10−11 水交ビル1F

urara8tuning@gmail.com

© 2023 by CASA 3. Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now